*ネタバレあり*



ストーリーを一通りクリアしました。
んー……2.0時代に比べれば確かにマシにはなったけど
それでもまだなんだかなぁっていう部分は多い。

ムーンブリダ?(すでに名前が曖昧だけど……)のときといい
今回のオルシュファンとイゼルといい
殺す必要性があったのかという疑問。
ウリエンジェさんに、私の最愛の人を殺したアシエンを討ってくれーて言われたけど
あ、そうだっけ?ってなったり
オルシュファンはまだしも、イゼルは自らの意志で蛮神になれたり
もう一人の光の戦士だったりと非常にオイシイ設定があるのに。
別にそれほど深い付き合いがあったわけでもなく
イゼルが命を張ってくれるほど、何か主人公はしてあげたのだろうか?
気付いたらいなくなってて、ふらっと出てきて死ぬという……
こう、特別な感情を抱く前に処理されては何の感慨も沸かない。
本当に勿体ない。


教皇直属の蒼天騎士も、もっと深く絡んでくるかと思いきや
個別に活躍を描くのは面倒だったのか
ナイツオブラウンドで一緒くたにされて一掃在庫処分されるし
そのついでのようにアシエンも二人処分されるなど
ストーリー後半の、収拾がつかなくなりそうなので
ここで強制的に退場させます感が凄い。

きちんと段階を踏まずに過程を飛ばして結果を出してくるから
置いてけぼりになる様は2・0時代から何ら変わってない。
竜に関する話も、聖竜さんがやたら「真実」にこだわるから
何か凄い裏があるのかと思いきや
いざ知ってみたら、あ、そう……ていう。
別にそこまでニーズヘッグに関する伏線もないし。


まあ、色々書きましたが、今回のストーリーはそれなりに楽しめました。
多少、改善が見られて酷いおつかい感が薄れていたのは好印象。
それでも、無駄に行ったり来たりさせられたけど。

ひとまずNPCをとりあえず殺しておけ、みたいな作りはそろそろ止めてほしい。
別に絶対に死なせるなってわけじゃなく
死ぬなら死ぬで、きちんとしたステージを用意してあげて欲しいのです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://heartqueen001.blog44.fc2.com/tb.php/829-015ee9b0