2013.07.04 討鬼伝 武器
簡単に書いていきます。(12月7日追記)

*太刀*

スタンダードな武器かと思いきや、行動に気力を使うものが多く
スキルの揃っていない序盤に使うと微妙な印象を受ける。
迅ミタマ等で気力関連のスキルが揃ってくると一転
無敵のある翻身斬で張り付きつつ、残心を決めていける爽快な武器に。
パッチで攻撃速度が微妙に上がったとはいえ、思ったより動作が重いので
回避は余裕を持って行うとよい。

*双刀*

圧倒的な手数で押していく武器。
空中攻撃が2hitになるので、極力狙っていきたいが
空中時は回避行動に難アリ。吹っ飛び判定がない(?)せいか
空中で攻撃を受けると多段hitを受けて即死する事も。
操作に慣れていなくても、そこそこ強く、慣れればさらに強くなる。
奥の深い武器。空中△を当てた直後にスティックを後ろに倒すと
後方に向かって結構な距離を飛ぶので回避に便利。
空中判定のおかげで事故死の多い武器。ボスの動作を覚えるまでは空蝉が無難。

*槍*

恐らく全武器中、一番万能で安定。□溜めの武器ゲージ回収率は優秀で
○溜めは高所を狙えて威力も高く、回避にも使える攻撃。
鬱陶しい敵が多用する突進を止める、カウンター属性の槍衾も完備。
武器単体の攻撃力も高く、中距離から近距離まで安定して戦える。
武器に悩んだら、とりあえず槍でいいかもしれない。
攻撃にも癖がなく、直感的に扱いやすい。

*鎖鎌*
数ある狩りゲーの中でもかなり特殊な動きを行う武器。中距離の分銅は威力が低いので
基本は近距離の鎌攻撃(特に○からの空中張り付き)を狙っていく。
上手く使えればボスの頭上を飛び回りながら
今話題の立体機動を再現可能。でも凄い難しい。
慣れない内はロックオンしながら部位破壊はそこまで狙わずに
張り付きからの回避を覚えていくこと。
慣れてくるとノーロックを駆使して狙った部位を破壊していける。
双刀と同じく事故死が少し多め。

*弓*

槍に次ぐ安定武器。モンハンと違って防具は近接と同じなので
紙防御ゆえの事故死はない。
このゲームの特徴である部位破壊に相性がよく
武器ゲージ回収率が異常なので、鬼千切りが連発できるのも特徴。
ただ、武器の特性上、雑魚多数相手には相性が悪く、かなり苦戦する。

*手甲*
圧倒的な火力で押していく武器。リーチは御察し。
目押しになるが、こちらでクリティカルを確定できるのは大きい。
動きは遅いものの、咄嗟に発動できるガードがあるので
ボスに張り付く事は可能。さらに防ミタマを合わせれば
敵の懐に食らいついたまま、延々と拳を叩き込む
敵にすれば相当鬱陶しい戦闘スタイルも可能。
ただ、オススメは攻のミタマで○系(いわゆるデンプシー)に
特化したミタマ構成がオススメ。
凄まじい勢いで敵の体力を削りつつガンガン部位破壊できるので爽快。




一通りの武器を使ってみましたが、どれも特徴的で面白い。
装備するミタマによって、同じ武器でも戦闘方法が変わってきたりするので
そこも、このゲームの面白いところ。
もう少し練りこめば、狩りゲーの中でもかなりの物に化けるんじゃないかなぁと思います。
これは今後にも期待できる作品です。


さて……
NPCについては今度書きます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://heartqueen001.blog44.fc2.com/tb.php/607-4685af87