うーん……。

やっぱりどう考えても生身の利点が少なすぎると思う。
呪い耐性やアイテム発見率が上がるのは微量ですし、混沌武器や魔法も正直……。
あと大きな利点となると、注ぎ火システムがありますが

祭祀場だけ育てれば後はなんとかなる状態。特に篝火間のワープが可能になるとそれが顕著にでる。
なぜなら

復活しない敵を倒しつつショートカット作成

骨を使って篝火に帰還。祭祀場でエストマックス補充

最寄りの篝火にワープしてショートカットを使ってボス部屋へ。が簡単に可能。

面倒なのは巨人墓地くらい。


その上、篝火の成長具合は周回に引き継がれるようで
周回すればするほど生身になる必要性がなくなる。


敵の強さがどこまで上がるかによりますが、
際限なく上がるなら護衛役に白を呼ぶ生身も出るでしょう。


ただ、そうなると、今度は白のシステムが問題になる。
白はエストが使えない。奇跡が切れると生身のエスト頼み。
しかし
白が居ると篝火に触れられない為に生身はエストが切れると終わる。

このせいで、現状、ほとんどの白サインがボス前に集結してます。

道中、頑張って護衛しても、生身がエスト切れして篝火に寄るなら
白は空気を読んで帰還するか
生身が強制的に送り返すしか方法がないからです。
当然、人間性は手に入らない。

デモンズのようにスタート地点から生身と協力し合って
マップをクリアする達成感がまったく得られない。



完全に噛み合ってない印象。

デモンズのように生身じゃないとHPが減少する、というのは同じ要素で面白みがないので

せめて亡者なら防御性能が落ちるとか
あんなにミイラ化するなら持てる装備重量が減少するとかして
生身の利点を目に見えた形で表示するべきだったんじゃないかなぁ……と思う次第です。

ボスや周回で強くなった敵対策に生身を使う!という要素がまったくない。
むしろ、黒侵入などの不利になる要素が大きすぎる。結果、亡者で白サイン出す人が多い。


生身で徘徊すると、白サインが結構あるんですよね。
完全に生身不足。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://heartqueen001.blog44.fc2.com/tb.php/488-9ed3a5d1