FC2ブログ

ディヴィニティ オリジナル シン エンハンスド エディション 感想

ディヴィニティ オリジナル シン エンハンスド エディション


以前から評価が高めで、気になっていた作品なんですが
正月休みを利用して、プレイ。

楽しいですね。
事前情報でPS4版は移動速度が遅くて苦痛というのを見て
実際に動画でも確認したのですが
確かにあれはストレス溜まりそう。
なのでPC版で楽しんでます。


上からの見下ろし視点型で装備にランダムで性能が付与されたりと
ディアブロちっくな感じですけど
実際の戦闘はターン制RPGで
結構、難しめの戦闘バランスに設定されてます。
難易度そのものは変更できますが。

主人公側と敵側に各自APがあり、その範囲内で移動したり
攻撃したり、スキルを使用したり
まあ、戦場のヴァルキュリアとかそういう戦闘形式。
原点はXCOMになるのかな?


そこにランダム性能装備のハクスラ要素が少し入った作品。

戦闘は非常に歯応えがあり
戦略要素も高い。
雨を降らす魔法で地面を水浸しにして
そこに電気魔法を打ち込んで感電からのスタンを取ったり
油をバラまいて炎魔法で炎上ダメージを与えつつ
黒煙で敵の視界を妨害して遠距離攻撃を防いだり
当然、そこに味方キャラが居れば巻き込まれるので
敵の位置、敵の進行ルート、味方の立ち位置を把握して
戦わなければならない。
その分、上手くいった時はパズルを綺麗に解けたような感覚で
非常に楽しい。
キャラビルドの幅も広く、最初はファイターでスタートしても
途中から魔法使いに変更したり、魔法剣士にしてみたり
そういった事も可能。

そして
ストーリーやクエストには様々な攻略法が存在する。
例えば宝箱に鍵が掛かっていたら
正攻法で鍵を探すか、それっぽい人から盗むか
宝箱そのものを盗んで、別の場所で攻撃して箱をぶっ壊すとか
メイン以外のクエストには明確なクエストマーカーが基本付かないので
会話や本、日記等から場所や内容を推測して進めないといけなかったり
ゲーム全体がプレイヤーに思考させる内容になってます。

硬派でじっくりとRPGを堪能したい方にはおススメ。

気になる点としては
UI全体が不便。
クラフト関連が非常に面倒な仕様になってたり
(説明不足なところも含む)
アイテムが膨大な割にそれを管理させるUIがお粗末で
受け取り受け渡し等もやりにくい。

歯応えのある戦闘ですが
敵が復活しないので日本人的には、なんかこうアレなところ。
つまり、敵がちょっと強いからウロウロしてレベル上げて
敵を圧倒!というのは基本的にはできない。
その分、バランスは取れているので
初見で勝てなくても、アイテムやスキルを見直せば
勝てるようにはなってます。

一番の難点は序盤。
序盤は会話メインで街中をウロウロする事になる上に
スキルは当然、ほとんど持っていないので
戦闘そのものは正面からの力比べになり
このゲームの戦闘の奥深さを実感しにくい。
召喚魔法を各キャラ覚えて、こちらが数で圧倒したり
先ほど挙げた魔法やアイテムでの連携、連鎖要素を
扱えるようになる序盤後半から中盤までが退屈。


序盤の退屈な部分さえ乗り切れば
非常にやりごたえのあるRPG作品。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
↓ACパイロット画像

HeartQueen

Author:HeartQueen
ゲームプレイの記事。
プレイしたゲームの個人的総評等もたまに書いてます。
少しでも参考になれば幸いです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる