2017.02.16 仁王 感想
仁王

1周目が終わり、2周目もそこそこ進めたので
ここらで仁王の感想を。
ネタバレあり



ストーリー 80点
この手のゲームにしてはストーリーがしっかりしており
先が気になる作りになっています。
ただ、残念なポイントは仲間の存在感が薄い事です。
存在というより、共闘感……かな。仲間じゃなくて記号に近い印象。
誾千代とか半蔵とか、一緒に戦うイベントがあるにはある。
ただ、基本的に鬼殺しは主人公が為せる業という設定なので
主人公以外の武将は役立たずな感じに仕上がってしまっている。
本田忠勝が操られていたのは非常に残念でした。
日本勢で唯一、鬼相手に無双してるかなーと期待してたのだが……。
サブミッションは主に依頼される形で
直政や宗茂から鬼は専門外なので頼むと言われます。
ちょっと、日本勢の情けなさが目につく。
あとは、まあラスボス、そしてケリーが小物過ぎたかなーと。
比較的、先が読みやすい王道ストーリーとはいえ
最初から最後まで一貫して丁寧に作られていたのは好印象。


音楽 75点
まあ……可もなく不可もなく。
ちょっと全体的に大人しいというか
パンチのある曲はないけど、そつなく聞ける。
もう少し、心躍る、燃えるような曲が合ってもよかったかな。


システム 85点
ロードはミッション開始だけ少々長めだけど
それ以外はほぼ無しに近い。
トライ&エラーのこの作品で、この点は非常に評価できる。
その一方、ぱっと見で効果が分かりにくいアイテム名
雑魚的が落とすレア装備のドロップ率を絞り過ぎて
雑魚を倒す必要性がほとんど無い。
それも影響して、2周目中盤くらいまでは
装備を揃えるなら塚を掘った方がいい状態になっており
序盤のハクスラ要素が薄れている。
アプデで多少の修正が入ったとはいえ、協力プレイの旨みが少ない。
操作性自体は悪くないのだが
各種ボタンの配置周りが少々複雑で慣れるまでは混乱する。
などなど。
もうちょっと練り込んで欲しかったなーと思います。


総評 85点
ダークソウルにも劣らない完成度を誇る名作ARPG。
アクションは抜群の爽快感で、構えに残心というシステムも
流れを混雑させずに綺麗に落とし込んでいる。
ダークソウルとの違いを生み出すハクスラ要素の作り込みが甘く
協力プレイもまだまだ改良の余地あり。
アクション好きならやって損はない作品。
肝心の難易度だけど、ダークソウルよりはちょっと簡単かなーと思います。
敵の動作が読みやすく、こちらの回避が強めなので直観で避けやすい。
正直、ハクスラ要素と協力プレイのこの2点が改良されれば
ダークソウルを超えると思っている。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://heartqueen001.blog44.fc2.com/tb.php/1018-cbcdab77