仁王はすでに予約済み。
体験版をする限りでは大丈夫。
少なくとも、大外れは無いと思うけど……。


あとは来週発売のLET IT DIEをどうするか。
内容は面白そうなんだけど
危険な臭いがしないでもない。
ひとまず様子見……かなぁ。

仁王がまさかの大外れだったら買うかもしれない。
スポンサーサイト
デビルサバイバーと仁王


デビルサバイバーは1,2共にクリア。
どちらも良作だったけど
個人的には2の方が好きかな。
3DSを持っているならやっておいて損はない作品。
近年のゲームにすれば若干、難易度は高めだけど
それでも完成度は高い。


あと仁王の最終体験版が出てたのでやってみました。
思ったより出来が良い。
基本システムはダークソウルの丸パクりなんだけど
そこにコーエーテイストを上手く入れ込んでいる。
ただ、ステータス周りとか数値関連がごちゃごちゃし過ぎかな。
パッと見で色々と分かりにくい。
体験版をする限りでは買ってみてもいいかなー。
2017.01.10 休止と開始
「デビルサバイバー2と……」


サガ・スカーレットグレイスはひとまず休止。
引き継ぎ強化かDLCがきたら開始する予定。
ただ、あまり来る気配が無いのが……。
多分、何も来ないだろうなーと思ってる。
こういうのは期待し過ぎない方が良い。


そんなわけで他にするゲームと言えばBF1。
でも、BF1、というかFPSをがっつりするのは辛いので
他に何かないかなーと探したところ
目についたのがデビルサバイバー。
興味はあったけどプレイしてなかった作品なので
この際、手を出してみようと思って
ひとまず2を買い、実際に遊んでみたら
思った以上に楽しかったので
そのまま衝動買いの勢いでオーバークロックも購入。

暫くはこの2作品を遊ぼう。
安定のアトラス作品。
ゲームらしいゲームを出す会社が
フロムかアトラスか、みたいになってきた気がする。
いや、まあ、単純に私の好みが合うってだけだと思うけど……。


蒼き革命ヴァルキュリアとニーアオートマタ


両方とも体験版が出てたのでしてみました。

まずヴァルキュリアの方。
んー……。
うーん……。
これは……ダメな気がする。
初代はプレイしてクリアしているのですが
なんというか……今回は色々とダメ。
アクションRPGとしてはあまりにもお粗末だし
かといって従来の戦略シュミでもないから……。
なんでこの仕様にしたんだろう。
この路線でいくなら、もっとアクション強化しないと厳しい。
久々に、上半身固定で下半身だけ動かして動くキャラを見た気がする。
PS2時代によく見たなーってレベルのアクションだから……。
よほどストーリーが優れてないと……。


ニーアオートマタはさすがのアクション。
映像も綺麗でそこは腐ってもスクエニ。
体験版の時点では面白い。買ってもいい。
問題はやり込みとかゲームの長さ、かな。
さらっと終わってしまいそうなのが怖いけど……
そこは製品版にならないと分からないから仕方ない。
あとは個人の趣味になってしまうけど
もう私は最近、この手の主人公に飽き飽きしているので
気になるのはそれだけかなー。
FF15もそうだけど、男ならダルい感じを出すのとか
女なら感情薄い系が乱立し過ぎて……。
ああ、また、このタイプねって思っちゃう。
BF1
BF1


ここ最近はサガにハマっててずーっとサガをしてましたが
そちらが一段落したので
久々にBF1をプレイ。
試合開始直後にグレを投げたり、と最初は操作に戸惑ったものの
戦績自体はそこまで落ちず。

ただ……2試合もすれば、もうぐったり。
FPSは時間を置くと精神的疲労の蓄積度合が凄まじくなる。
楽しいんだけどね……。
ちょっとずつリハビリしていこうと思う。


サガはウルピナ編をやりたいんだけどね……。
セーブデータの数が倍くらいにならないかな。
タリア編、最終的なやつだけ残しておけば
他はいらないといえばいらないんだけど……。
なんか消しにくい。
今後、引き継ぎ強化のパッチがきたり
もしDLCがきたら、またタリアでやりたいし。
そういうのが色々あって消せないタリアのデータが大量で
ウルピナ編をどうしようかと悩み中。
サガスカーレットグレイス


タリア編を無事にクリアし、バルマンテ編はラスボス直前まで
ウルピナ編は2章中盤くらいまで進めたので
この辺りで今作の総評を書いてみようと思います。
例の如く「個人的な感想です」
極力、ネタバレは避けますが……多少は入るかも。


*ストーリー*
70点
大まかな流れがあり、それでいて多くは語らない。
この辺りはフロムのデモンズやダークソウルに通ずる所がありますが
問題は語らない部分が多すぎる事。
各主人公をプレイする事である程度は見えてきます。
ただ、プレイヤー全てが全主人公をクリアするわけでもなく
もう少し1人の主人公だけで世界を理解できるような仕組みが欲しかった。
地域や場所にまつわる歴史、アイテムに説明を入れるだけで大きく変わったはず。
タリア編だと多少、その場の歴史を語ってくれますが……。
公式のキャラ紹介で割と色々書いてあるんだけど、何故それを本編に入れなかったのか。
非常に勿体ない。ここは最大の減点部分。もっとキャラを生かそう。
また、イベント1つ1つが薄いのでイベント数自体は多いのに
少なく感じます。
特に今作はダンジョンや街(一応あるにはあるけど)といった物が無いので
各地の特色が出にくく、イベントの薄さと相まって
世界の薄さ・狭さに影響を与えている部分が大きい。
重要そうなのにあっさり終わる感じはサガらしいけど
それにしてもあまりにもあっさりなイベントが多い。
もうちょっと捻りや深みが欲しかった。
パートナーだけでなく、仲間との会話も、もっと増やして欲しかった。
まあ……選択肢やルートで変わってくるので難しかったのかもしれないけど
せめて固定の初期メンツくらい、ストーリーに絡んでも良かったんじゃないかな。
最終的に一つの物語・ルートに収束するのはいいけど
基本的に各主人公は同じ内容を体験する仕組みになっており
登場人物と会話が違うだけでどの主人公をプレイしても新鮮味が無い。
せめて1章は主人公別の特別ルートを用意して良かったんじゃないかな。


*音楽*
95点
文句なし。
サガ。
この一言に全部が含まれている。
強いて言うなら曲数がちょっと少ない事だけど
本当に、これはあえて問題を見つけるならという部分なので
サガの曲が好きならサントラ買ってもいいレベル。
特に主人公毎にフィールドや戦闘曲が違うのは良い。


*システム・快適性*
75点
まず語るべきはロードでしょう。
長いですね。
ただ、戦闘に入る時が一番長く、それ以外はそこまで気にはなりません。
そして、戦闘はランダムエンカウントではなくシンボルでもない
こちらから能動的にしない限りは発生しないので
常にイライラする、というレベルまではいっていない。
しかし、このゲームで最も数をこなす部分であるのは間違いないので
別主人公でのプレイや、やり込みを考えれば、できれば改善して欲しい。
戦闘のリワード報酬は忘れやすく、戦闘中でも確認したい。
仲間の数が多いのに並び替える機能がない。
武器の強化画面で、装備している強化元の武器が覚える技の確認ができない。
進めすぎると序盤の素材集めが非常にやりにくい。
ワールドマップでの移動速度が基本的に遅い。常に街道くらいでいい。

初回プレイではそこまで気にならなかったけど
やり込み出すと気になる部分が多い。


*戦闘*
90点
癖があるので合わない人には徹底的に合わないかも。
割と難解な戦闘なので文字での説明は難しく
気になる方は動画を見る方が早い。
完成度は高く、システムを理解すると非常にハマる。
順番を細かく調整し、連撃が決まり、思い通りの結果になった時は
思わずニヤリとしてしまう。
惜しむらくは連撃のパターンが一つなこと。
従来の連携を排除したのであれば、ここは数パターン用意して欲しかった。
レアなモーションとかあれば、もっと感動できたかもしれない。
難易度調整は絶妙だと思うが、一部理不尽に感じる部分もあり。
稀に全体攻撃を連発され、対処する術なくやられたり
それをサガらしいと受け取るか受け取らないかでまた評価も変わる。
そして、絶望的状況からの、ひらめきワンチャンに賭ける浪漫は残っており
従来のサガファンなら楽しめる出来に仕上がっている。
技数が少ないのは素直に残念であるが
それぞれに特色があり、そこまで多くの捨て技がないのは○
新システムの恩寵は悪くないんだけど……防御アップのやつ出過ぎじゃない?
いや、君が出る頃には手遅れなんだけど……ってのが多い。


*総評*
85点
サガらしい尖ったシステムと内容に仕上がっており
ハマる人には徹底的にハマるようになっている。
その分、合わない人には本当に合わないと思うので
序盤の体験版くらいは出すべきじゃないかなーと思う。
面白くなるのはある程度の技と術、仲間が揃ってきてからだけど……。
一番多く数をこなす戦闘の出来が非常に良いので
1周目~暫くは楽しいと思う。
ただ、そのほかの部分が薄すぎて戦闘に飽きてしまうと
他に逃げるものがない。戦闘に比重を置き過ぎているのが欠点。
また、やり込み要素も薄く、鍛えに鍛えたPTが戦う相手がいない。
裏ダンジョン、裏ボス的なものがない。
(星神は……うーん……中盤で普通に倒せちゃうし……)
周回しようにも引き継ぎ要素が……何か検討中らしいけど
上に書いたように、強敵がいないし周回した所でってのはある。
それでも、久々にどっぷりハマれたRPGなので
是非追加DLCを出して欲しい。
世界観を深くするイベントや仲間の追加、やり込み用の裏ボス等。
気になる方はまず戦闘動画をチェック。
やれそうなら買うといいかも。
とにかく戦闘を楽しめるかどうかがこの作品の評価を左右する。