ペルソナ5


2周目が無事に終了し、発売から約1カ月ということで
個人的なストーリーの総評を書いてみようと思います。
(極力避けますが、ネタバレあり)


*ストーリー*
第一印象は「キャラの使い方が勿体ないなぁ」です。
味方では真と双葉が中盤から無双し
敵では明智と獅童の無能っぷりというか、勿体なさが目立つ。

まず、味方の真がとにかく優秀過ぎて、仲間がみんな真頼み。
何かあれば、頼む、頼むで……。
正直、他のキャラいらないじゃんってレベル。
竜司や杏、祐介が中盤からただのお騒がせ要員にしかなっていない。
キャラが優秀ゆえに脚本がそれに頼り過ぎているのが目に見える。
双葉も似たような感じ。中盤から後半はこの二人でほぼ解決していく。
そのため、真と双葉が仲間になった後の「春」の存在感は皆無に近い。

次に敵。
ライバル的存在である明智の行動理念が小物過ぎる。
さらに宿しているペルソナが希代のトリックスター「ロキ」でありながら
ラスボスどころか獅童にまで思惑を見破られる情けなさ。
聖杯の力を吸収してラスボスになるか、せめて獅童くらいは乗り越えてほしかった。
「ロキ」を宿すに相応しくない無能。
そして獅童。
これがまた無能というか小物というか……。
序盤から散々有能な雰囲気を醸し出しておきながら
大衆の前で悪態を見せつけまくる。
ネット全盛期にそれは無いですよ、獅童さん……。
ゲーム中でも至るところでネット社会をアピールしてるのに……。
オタカラ争奪を防ぐようなフラグを立てておきながら
無残に盗まれ、簡単に改心する。
敵としての怖さがまったくない。


他に気になったのは仲間のコープが本編に絡んでこない点。
コープで見せる仲間の微笑ましい一面(杏なら天然、竜司なら熱血漢、等)
これらがほとんど顔を見せる事はない。
そのせいで、キャラの性格というか位置付けが混乱する。
なんというか……本編とサブがばっさり離れていて、個別で進行するイメージ。
本編はただひたすらに怪盗団の動きだけ見せて
遊びの要素が挟まってこない。
結果、「学生」「仲間」という印象が薄く
「仕事」というイメージがずっとまとわりつく。
特に杏と竜司はコープで印象がガラリと変わるので
本編に生かしていないのは非常に勿体ないと思う。


最後にメメントス。
これを本編に絡ませたのは愚策。
特に強制的に最下層まで進めさせる行為はNG。
2周目の楽しみにとっておいたら、最下層まで無理やり行かされて
ここは本当にガッカリした。
てっきり隠しダンジョン的要素になると思っていたのだが……。


そんなわけで
色々書いたけど、1周目、クリアまでの60時間は本当に楽しませてもらった。
最後までダレる事なく、一気に進められる面白さは十分にある。
ただ、ペルソナ5は縦に深く、横に狭い穴なので
1周目クリア後、2周目をするとなると……なかなか精神的に重いものがある。
また、この深い穴をひたすらに落ちるのか、と。
とにかく、横の遊びが少なかったのは残念で仕方ない。

1周目クリア時点でのストーリー評価は85。粗は少々目立ったが楽しめた。
スポンサーサイト
ペルソナ5


ネタバレしない程度に今作の感想。


さすがに全体の完成度は高いので
そこまで何個も不満点はありませんが
気になる所も当然、いくつかある。


まず
旧作をプレイしている私としては
非常に良い出来というかネタだったのですが
今作からプレイする方は、どうなんだろう。
大きな破綻はないから普通に楽しめるとは思いますが
終盤のアレは1発ネタに近く……。
あと、学生要素が少なめで
日常イベントが少ない部分は勿体ない。
強制進行が多すぎたかなー。

ストーリー展開で大きな不満は
選択肢が選択肢になっていない所。
どれを選んでも、軽く流されて、すぐ本筋に戻されるので
そこは残念。
大きな変更は無いにしても、もう少し幅を広げても良かった。

仲間の入る順番もどうかなーと思う。
お調子者系が序盤に固まって、冷静な人物が後半なので
ストーリーが大きく動き、問題が顕著になってくる後半からは
どうしても、序盤のメンツが空気になりがち。
単なるお騒がせ要員になりかけてる。
もうちょっとバランスよく配置すれば良かったんじゃないかな。
後半は皆で乗り越える!というより
主人公を含め、2,3人で解決して、残りは適当についてこい!みたいな雰囲気。
というか、仲間の約1名に任せすぎ……。
立ち位置的に仕方ないのかもだけど、ずっとその人頼みじゃんっていう。
だからこそ、この問題が余計に目立ったのかも。
仲間の性格等も含めて、少々バランスが悪い。


後半の敵キャラの動きが雑。
畳み掛け過ぎて、あ、アレ?終わり?ってなる。
納期のデーモンなのかどうなのか果たして……。
もうちょっと二転三転あってもよかった。
特にあのキャラが素直にああなったのは
「ええぇ……」という気持ち。残念。
直前のイベントはフラグじゃないのか、と。



今作のネタバレなしストーリー感想はそんな感じ。
ペルソナ5


2周目、装備も引き継いだけど、使うと楽勝過ぎるので封印。
それでも、出てくる敵の弱点はわかっているので
かなりサクサク。
ネコマタ育成を優先しつつ、取ってないペルソナを取得中。
いらないやつは片っ端からネコマタに食わせる。


今作、割と物理押しの敵やらボスが多い印象。
なので、攻略にはアラハバキさんオススメ。
アラハバキには1周目本当にお世話になった。
結局、手に入れてからラスダンまでずっと連れてたと思う。


そういえば、今作はトゥルーエンドってあるのかなー。
1周目は普通にクリアしたけど
気になる点が幾つか残ったままだったのが心残り。
あれで終わりだとしたら、消化不良な感じ。
P4Gみたいに追加版出すつもりなのか、どうなのか。
もし追加版出すなら、今回はちょっと学生要素が少なかったから
その辺りを強化して出してほしい。
ペルソナ5


無事に1周目クリア。
ネタバレにやたら拘っていた理由がわかりました。
まさか、そうくるとはねー。
ちょっとビックリというか、感動というか……。
なかなか粋な演出。


細かい不満点はあるものの
長らく待たせたナンバリングタイトルに相応しい
非常に良いゲームでした。

これならP4Gみたいな追加版が出ても安心して買えそう。


さて、これから落ち着いて2周目をじっくり楽しもうかと思います。
ひとまず、ネコマタとネコ将軍を鍛えまくるぞー。
ペルソナ5


発売前と比べて、実際にプレイしてみると
キャラの印象は大きく変わった。

特に杏と祐介。
杏はもう少しギラギラした性格、というか
2の銀子に近い感じかなーと思ってたけど
予想よりお淑やかで純粋。

祐介はバカ。
良い意味でのバカ。
正直、もっとナルシスト系かと思ってたんだけど
嫌味がなく、締める所はしっかりしており
それでいて、定期的にバカな一面を見せるのが面白い。


この二人は好きになれるか不安だったけど
問題なさそう。

それに対して予想より悪化したのは竜司。
こっちもバカなんだけど……こっちは悪い意味でバカ。
最初は可愛いレベルだなーって感じだったけど
ちょっと度が過ぎるかな。
あまりにも学習能力がなさ過ぎて、たまにイラッとする。


他はほぼ、印象通りな感じ。
キャラ周りも、もう少し突っ込んだ事を書きたいけど
ネタバレ厳禁もあるし、暫くは控えておこう。