いけにえと雪のセツナ、無事にクリア完了。
(ここからネタバレあり)







総プレイ時間はおよそ25時間くらい。
村人の会話を聞く為に道中、引き返したりしてたので
ストーリーだけを追えば、恐らく20時間切るくらいかと思われます。

クリア後に2週目や強くてニューゲームは無し。
これはちょっと予想外。クロノといえば強くてニューゲームなのだが……。
ただ、ラスボス前に戻されて、そこからちょっとサブイベントあり。
主人公と仲間の特殊法石を手に入れるイベント。

あと、ラスボス前に大鎌の男「フィデス」が仲間になりました。
やはり魔王枠。


で、大まかな感想は以前の記事から変わってないですが
軽く書いてみる。

音楽は良い。
全編ピアノで統一され、心燃えるようなものはないが、雰囲気にマッチしていて
聞いていて心地いい。

雰囲気は良い。
雪だけの世界で確かに見栄えの変化は少ないが
切なく、それでいて少し暖かい。
日本人が感じる雪に対する印象をきちんと作り込んでいる。
90年代RPGの雰囲気を非常に良く描けていると思う。

キャラは良い。
どのキャラも王道的要素を描いており、気に食わないキャラはいなかった。
ストーリーの流れも良い。
セーブポイントというメタな要素をきちんとストーリー内に落とし込んでいた。
最後の最後に、クロノトリガー的要素を軽く入れており
私のような当時の人間はニヤリとし
新規の方にも、そこまで破綻なく感じるようにストーリーをまとめている。

本当に、よくできた作品……。

しかし……ただ1点……惜しむらくはイベントが薄い所。
過去記事で書きましたが、ゲーム全体が薄く、コンパクトにまとめ過ぎている。
最後の最後で仲間になるフィデスも、さらっと仲間面して参加してるし……。
今まで散々引っ張ったのだから、もっと絡ませるべきだった。
主人公側の使いである「クオン」
ラスボス側の使いである「フィデス」
かなりおいしい要素であるにも関わらず、そこを生かせていない。
クリア後のサブイベントで
ようやくキャラ同士が人間らしい掛け合いや感情を見せるものの
もはや時すでに遅し。
ここが非常に「勿体ない」
キトも、もっと本編に入れるべきだったんじゃないかなぁ。
クリア後のサブイベントでさらっと出てきて倒して終わりは勿体ないよ……。
ここで出てくる初出キャラも結構いるし……。
主人公の、繰り返される時間の中で突然現れた
特異的な存在っていう設定も生かしきれてない。
伏線を引っ張り過ぎて、最後に一気に出すから
「それ」が判明した時に対する驚きと感動の度合いが低い。
徐々に明かされる真実っていうのが無い。

この作品を一言で表現するなら「勿体ない」
この一言に尽きます……。
もっと内容を濃くしてくれれば傑作になりえた。

ただ、本当にクリアまでは純粋に「ゲーム」を楽しませてもらいました。
同じ世界設定じゃなくてもいいから
この路線でぜひ、次回作を出して欲しいですね。
スポンサーサイト
飛空艇を取る所まで到達。

軽く世界を回ってみたけど
そこまで隠しっぽいものは見つからず。


ストーリーの流れ的にも終盤に近付いていると思いますが
主に気になる点を軽くまとめ。(ネタバレ多少あり)


ストーリーの流れ自体は良い。
ただ、イベントが全体的に軽い。
途中で仲間が離脱する等、いかにもなイベントは用意されているが
簡単に戻ってきたり、そこからの展開がさらっと終わったり。
非常にあっさりし過ぎてて勿体ない。
王様のイベントとかジュリオンはもっと濃くしてほしかった。
するべきだった。
副官との絡みはアレで終わっちゃうの!?と思った。
序盤からの凄い伏線っぽい流れだったのに……。


大きな都市が無い。
あるにはあるけど……。
街が少ない。

敵の使いまわしは多め。
雑魚は色違いが基本。種類もそこまで多くない。


素材情報が分かりにくい。
生息地は表記して欲しかった。

宿屋がない。
全体回復はフィールドに出てテントやコテージを使うしかない。

サブイベントが基本的に無い。
ストーリー関連以外はほぼ無い。


とにかく思ったのはコンパクトにまとめ過ぎているかなっと。
製作費や時間の兼ね合わせなのかもだけど
本当にゲーム全体があっさりしてる。
今の時代にこの手のゲーム性だから冒険できずに
それなりの物で収めたのかなー。


とまあ、気になる部分を上げましたが
雰囲気は良いし、音楽は良いし、ストーリー自体は軽いけど王道で面白い。
キャラも良い味出してる。
戦闘はクロノ形式だから、当時クロノにハマってた人なら十分楽しめる。
懐かしのものも出てきます。
シャイニングのイベントは良かったし、武器で「虹」が取れたのはにやりとできた。
大鎌の男は魔王ポジかと思ったが……。
まだ終わってはないからアレで終わりかは分からないけど。


現状で点数つけるなら……85点かな。
生まれた世代で点数は変わりそうな作品。
懐かしさと思い出補正で10点くらいは+されてる。

ゲーム自体の完成度は高め。
ただ、書いたように本当にあっさり、コンパクトにしてるので
今のRPGに感覚が慣れてしまっていると
えー、終わり?みたいな感じを覚えそう。
楽しい。
現在、キール君を仲間にしたところまで。


何が良いって、音楽が本当に良い。
プレイしてて心地よくて
雰囲気を引き出してくれて、しんみりくる。
バトル曲は派手さこそないけど安定してる。


今のところ、キャラの表現も良い。
最近多い某掲示板風味のネタもなく
そこそこノリの良い掛け合いもありつつ
本当に、クロノトリガー時代の事を思い出す。
たまにイベントが軽いかなぁと思う場面もあるけど
しつこ過ぎるよりはいいのかな。

あまりべた褒めし過ぎてもアレなので
気になる点も少々。

まず

拾った素材が一括で全部売り払えないのは気になる。

レア素材を落とす強敵がパッと見では分かりにくく
通常の敵と同じように戦いを挑みがち。
負けるとセーブまで戻されるので、少し不親切かなー。
ある意味、これは懐かしさを覚える部分もあるけど……。

法器と法石の昇華システムの関わりが少々分かりにくい。
途中で「ああ、そういうことか」と気付きましたが
最初は戸惑いました。
(説明とかあったかな……もしかしたら私が読み飛ばしただけかも)



ひとまず、古き良きRPGがしたい方にはオススメ。
ただ、vita版はどうやらロードがかなり長い?ようなので
買うならサクサクのPS4版がいい……のかな?

あ、古き良きと言えば……
主人公はもちろん、仲間キャラの名前も変えれます。
PS4版を1時間ほどプレイしてみた感想。


音楽よし
雰囲気よし
戦闘よし
ロード関係よし


現状、思ったより良い出来。
懐かしいシステム構成で
村人の会話が頻繁に変わるのも良い。

戦闘は完全にクロノ。


今のところ、少し気になったのは
戦闘で選んだコマンドが次のキャラでも
選ばれているというところ。
つまり、主人公で魔法を使って
そのまま○を押してると、次のキャラも魔法を選んでしまう。


あとは……気になる点というより
ちょっとだけ残念なのは
メニュー画面から人物情報を見れるけど
サブキャラの絵はなく、ポリゴンキャラで表示されるところ。
絵がいいだけに、ここもイラストが良かったけど……。
まあ、そこは仕方ないのかなー。