ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー

前作、というかリメイク前の作品が評判良く
前々から気になっていた事もあって、購入。
なんかこの頃、3DSのゲームばっかり買っている気がする。

現在
5章くらいまで進めました。
派手さは無いものの、評判が良かっただけあって
綺麗にまとまっている作品です。
時間を行き来する……ということでクロノ的かと思ったけど
ちょっと違う。
基本的に過去に戻り、歴史を変えていく。
クロノのように未来とか
主人公が生まれる前の時間軸とかには行かない。
登場キャラも、良い味を出してて
なかなかストーリーにも引き込まれます。
主人公がちょっと予想と違った性格だったけど。

主人公はエリートで割と誰に対しても横柄というか
初対面でも結構キツイ事を言ってみたりするので
初プレイだとビックリする。
イラストだけ見ると、ちょっとタレ目の優男風だったから余計に。
まあ、仲間思いで意外と熱血だったり、物分かりは良いし
信念には忠実だったりするので
プレイしている内に良い主人公だなぁとはなりますが。
初見は「あれ、こういう感じの人なの?」ってなりました。

システム周りも、大きな不満もなく、綺麗に出来ている印象。


よく出来たRPGなんですが、気になる点もそこそこ。

まず、戦闘の快適性。
各アクションが地味に長く、早送りは入れて欲しかった。
バランスも、決して良い、とは言い難い。
アトラス作品なので補助系が重要だったりするのですが
ちょっと大雑把な部分はあるかなー。
それなりに戦略性もあるので、そこまで気にはならないけど。

他には時間を行き来する時
戻れるポイントが決まっているけど
そのポイントが割とザックリなので
変なタイミングで戻っちゃうと
また同じイベント、移動を繰り返さないといけない。
イベントにはスキップや早送りがあるが
マップの移動はもう一度やり直しになる。
その関係でクエストで時間を行き来するのが
億劫に感じる部分もあり。



ちょっと全体的に地味だけど
良く出来た作品になってます。
スポンサーサイト
アライアンス・アライブ


忙しかった仕事が落ち着いたので
気になっていたアライアンス・アライブを購入。
脚本が幻想の人で、そこにサガの人も入っているということで
そこそこ期待していたのですが……
思っていたよりも完成度が高くて、予想以上に楽しめています。

戦闘や主なシステム面は、ほぼサガ。
覚醒という名のひらめきシステムに、陣形もあり
技名も似たようなものが多い。
連携はないけど。
キャラの成長もサガ風で戦闘後にHPとSPが上がる。
他の能力は装備だったり、スキルで補っていく。
正直、サガの続編と言われても違和感がないレベルで
サガっぽくなっている。

ストーリーはネタばれになるので詳しくは書かないけど
最初は各主人公の視点で始まって
合流していく感じ。
合流した後は、ある目的に向かって協力していくことになる。


戦闘は2倍速と4倍速があるのでサクサク。
演出面もスキップと早送りでサクサク。
演出がちょっとくどい部分があるものの
今のところ、良く出来たRPGだなーと感じてます。

気になる部分は……
キャラの成長が緩やかなので
いわゆるレベル上げ的な行為が結構しんどい。
基本、HPとSPが上がるだけで
後はなかなか貯まり難いお金で装備を強化するか
ポイントをコツコツ貯めて素質という
スキルっぽいので強化しないといけないので
強くなっていく実感が薄い。

あとはUIの使いにくさ。
普段の決定ボタンはAだけどPT編成とかではLが決定になってたり
通常Xは詳細を見られるボタンなんだけど
陣形の部分では陣形の効果を変更するボタンになってたりと
場面によってコロコロ変わってたりするので
そこは不親切かなーと思う。


まあ、何はともあれ、「ひらめき」というシステムを作った人は
間違いなく天才ですね。
ピコン(今作は電球じゃないからピコンしないけど……)が出た時の
あの快感といったら……。
戦闘の難易度もそれなりに高いので
歯ごたえがあって、じっくり腰を据えてRPGをやりたい
という方にはおススメのゲームになってます。
2017.06.06 E3
そういえば、来週にE3がありますね。

ブラッドボーン2!?みたいな話が出ていたりしますが
個人的にはそろそろアーマードコアの新作をですね……。
5はどうも合わなかったので
できれば4路線がいいけど……。
5の領地戦とか発想は良かった。
でも、チーム要素が強すぎて気軽にやるには厳しかった。

領地戦的な事をするなら
今は亡きフロントミッションオンラインみたいな感じが
ベストかなー。
あれは面白かった。

そのフロントミッションも最早……。
いや、サガだってスカーレットグレイスで復活したんだ。
フロントミッションだって……。
スクエニさん、そろそろバハムートラグーンの続編とか
出してみてもいいんじゃないでしょうか。
ライブアライブとか……あれは版権関連がややこしいかな?

まあ、私自身としては
フォークスソウルの続編が一番出て欲しいかな。
生贄と雪のセツナを作った所が
新作を出すようですね。
「LOST SPHEAR 」

PVを見ましたが、システムとかは流用する模様。
セツナは本当に良かった。
雰囲気が最高だったし、ストーリーも綺麗にまとまってて
多少のご都合主義はあったものの
近年のJRPGの中では非常に楽しめた作品。
唯一の欠点は短く、やり込み要素が無い部分。


今回もPVを見る限りでは期待がもてそう。
セツナのゲームとしての薄さをカバー出来れば……
名作になりえる、はず。

この手のRPGはもう数少ないので応援する意味も込めて
買い決定かな。
仁王のDLC2弾っていつくらいになるんだろう。

ひとまず、次は7月のドラクエかなー。
なんか延期しそうな嫌な予感はしてるけど……。
ここ最近は安パイなゲームしか買ってない気がする。

昔は無駄にゲーム屋巡って
色んなパッケージの裏面を眺めて
見えてる地雷に突っ込んでみたりしてたのに……。
これが歳を取るという事か。

まあ
ゲーム会社自体も冒険が少なくなりましたしね。
開発費高騰で無駄撃ちできないから仕方ない。


今年、2017年が始まって、5月半ば。もうすぐ6月で
もう1年の半分が終わります。
ここ1、2年で、個人的に良ゲーと感じたのは
仁王とホライゾン、サガスカーレットグレイス。
ダークソウル3はもちろん面白かったけど
やはりマンネリ感は拭えない。
一旦、シリーズを打ち切ったのは英断だったと思う。
ペルソナは可もなく不可もなく。
というか、もっとやれたんじゃないかなーと。
色々と勿体ない印象。

良ゲーに対して、これは……と思った作品は
FF15、イグジストアーカイヴ、討鬼伝2。
前2作品は散々このブログで語ったので割愛。
討鬼伝2は、期待し過ぎた分、落胆が大きかった。
拡張性が無さ過ぎて、今後にも期待できなかったし……。

あくまでも私の個人的な見解。

何か、こう、そろそろデモンズのような
衝撃的な作品に出会いたいですね。
今年のE3に期待。